住みやすい家にするために|新築のような空間を得られるマンションのリノベーション工事
このエントリーをはてなブックマークに追加

住みやすい家にするために

インテリア

充実した機能

内装工事を行う際、自宅のイメージが最も左右されるのがクロスです。クロスとは壁紙のことで、現在では多くの素材が使用されています。クロスの素材は主にビニール、織物、紙があり、一般的に使用されているのがビニール素材のものです。これ以外にも最近増えてきているのが無機質壁紙です。無機質壁紙はじゅらくや漆喰仕上げを下地の上に行っているので、塗り壁のような雰囲気を味わうことが出来ます。最近のクロスは悪臭成分だけを取り除く消臭効果があるもの、マイナスイオンを発生させるもの、空気中のホルムアルデヒドを無害な物質に分解するもの、抗菌性フィルムにより汚れ防止や抗菌効果があるものなど、様々な機能を備えています。より良いクロスを選ぶことで自分や家族が気になることを改善でき、住みやすい家にすることが可能です。

素材ならではの特色

クロスは素材の種類によって特徴があります。ビニール素材の普及率は約9割で、上段で挙げた効果を備えているのがビニール素材です。デザインのバリエーションが多く、様々なイメージに仕上げることが出来ます。また、施工がしやすいので安い費用で内装工事を行えるメリットがあります。織物素材は綿や麻、絹、レーヨンなどが原料です。自然素材であるため費用は比較的高くなりますが、化学物質への不安軽減、丈夫で高級感を味わえるなどのメリットがあります。紙素材の特徴は日本伝統的な和紙やヨーロッパ、アメリカからの輸入品が多く、他の家とは違った独特な雰囲気を演出できます。クロスは種類によって独特なデザインや雰囲気を演出することが出来ます。住みやすくするための効果も多く、自分に適したクロス選びは自宅を居心地良い場所にするために大切と言えるでしょう。