エアコンの取り外し工事|新築のような空間を得られるマンションのリノベーション工事
このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンの取り外し工事

エアコン

機械が故障して取り外しが必要になった、別の部屋に付け替えるため移動する事になった、このような場合はエアコン取り外しの工事を行う必要があります。エアコン取り外しは、電気工事の資格を持った専門家が行う必要があるため、電気屋に連絡して作業を予約します。エアコン取り外し工事は室内工事ですが、この時に気を付けると良いのが、エアコン本体を外す時です。本体にはガスが充填されているため、無理に動かすとガス漏れを起こし、室内がとてもリスクの高い状態になります。そのためエアコン取り外しは必ず専門家に依頼する必要があり、自宅に来るまで、一切手を出さないよう気を付けます。電気屋は365日稼働していますが、繁忙期や長期連休になると依頼が集中するため、時間に余裕を持って行うと良いです。

エアコン取り外し工事の特徴は一日で作業を完了する事ですが、本体と室外機の移動があるため、室内の出入りがあります。室内に入る場合は毛布やシート等で養生しますが、重いエアコンを動かすため、ある程度の空間が必要になります。エアコン取り外し工事は複数名で行われますが、ガス漏れや本体への衝撃を防ぐため、丁寧に慎重に行われます。作業終了後はガス漏れや漏電のチェック、本体や室内への衝撃の有無、電気がきちんと動いているかを調べます。エアコンは工事業者が引き取るか、自治体の指示に従って処分する事になりますが、家電量販店でも引き取っています。取り外した後にエアコンを設置しない場合は、壁に穴が開いたままになっているため、蓋を被せる必要があります。